무제 문서
about park
朴壽根画伯
私は人間の善良さと真実さを描こうとする芸術に対するごく平凡な見解を持っている。従って、私が描く人間像は単純であり、多彩ではない。私は彼らの家庭にいる平凡なおじいさん、おばあさん、そして、幼い子供のイメージを最も好んで描く。 - 朴壽根(パク•スグン) -

朴壽根先生は名もない貧しい庶民の暮らしを素材に、‘人間の善良さと真実さ’を描こうと一生を捧げた画家です。彼は単純な形と線描を利用して対象の本質を浮き彫りにするともに、 西洋画の技法を通じて我が民族的な情緒を荒い花崗岩のような材質感で表現することで、韓国的な美の典型を成し遂げました。 我が民族の日常的な暮らしの姿を暖かい視線で描き出した彼は、素朴な美しさを具現した庶民画家であり、20世紀の最も韓国的な画家としての評価を得ています。