무제 문서
about park


朴壽根先生の実家の敷地に建立された朴壽根美術館は、作家の作品世界と芸術の魂を称える同時に、地域の文化空間になるよう努力しています
朴壽根先生の素朴な人生と作品世界を研究して、これを展示、教育、出版事業を通じて再照明するともに、力量のある作家たちが創作活動に専念できるように“創作スタジオ提供”のプログラムを運営しています
朴壽根美術館は、朴壽根先生の温もりが感じられる遺品や油絵、水彩画、ドローイング、版画、挿し絵など、多数の作品を所蔵しており、朴壽根先生と同時代に活動した近現代韓国花壇の主要作家たちの様々な作品を所蔵しています
朴壽根先生は1914年江原道 揚口 井林里で生まれました
揚口普通学校の頃から絵を描く才能に優れた彼は、12才の時、ジャン=フランソワ・ミレーの<晩鐘>を見て深い感動を受け、‘ 私もこれから大人になったら、ミレーのような画家になり賜え
’と祈ったそうです
母が早く亡くなって次第に家の生活も貧しくなりましたが、朴壽根先生は貧しい庶民たちの素朴な生活と日常の姿を描く画家の道を諦めませんでした
揚口は朴壽根先生が一生を捧げた絵に対する熱情と夢が始まった場所です
彼が数えきれなくスケッチした木々や家、働く女、若芽を摘むす女、 碾き臼を挽く女、臼を搗く女、洗濯場など.. 揚口はそのすべての思い出が詰まっている、清らかできれいな自然並みの、善良な心性を持った人々が住んでいる地域です

미술관 이미지